沿革

昭和 6年 4月
王子製紙株式会社の主力販売店 株式会社中井商店(現日本紙パルプ商事株式会社)の提唱により、匿名組合黎明会(東洋紙業株式会社前身)が発足し、紙加工製品の大量製造加工を開始する。
昭和12年 2月11日
前記黎明会を法人に改組して、東洋紙業株式会社を設立する。
昭和32年 4月 1日
東京工場(現品川工場)を新設する。
昭和36年 8月27日
本社並びに本社工場の新社屋を現在地に新設する。
昭和44年 9月27日
平野工場(ビジネスフォーム工場)を新設する。
(平成18年1月 奈良工場に統合)
昭和48年11月 1日
横浜工場(オフ輪工場)を新設する。
昭和49年 4月20日
広島営業所を新設する。
(平成16年1月1日 東洋紙業高速印刷株式会社に統合)
昭和52年10月 1日
札幌営業所を新設する。
昭和53年 5月 1日
王子工場(ビジネスフォーム工場)を新設する。
(平成15年3月 習志野工場に移転)
昭和54年 5月 1日
九州営業所を新設する。
(平成16年1月1日 東洋紙業高速印刷株式会社に統合)
昭和58年 8月 1日
徳島営業所を新設する。(平成14年10月1日 四国営業所に改称)
昭和60年 6月 1日
福岡出張所を新設する。
(平成16年1月1日 東洋紙業高速印刷株式会社に統合)
昭和63年10月21日
奈良工場(ビジネスフォーム工場)を新設する。
平成 3年 4月 1日
習志野工場(オフ輪工場)を新設する。
平成 6年 6月 1日
高松営業所を新設する。(平成17年高松出張所に改称)
平成 9年12月 9日
奈良工場でISO9001審査登録認証を取得する。
平成12年10月13日
資本金を9億9,800万円に増資する。
平成13年 2月20日
芦原工場でISO9001審査登録認証を取得する。
平成13年 6月21日
IPS事業部大阪情報サービス部平野IPS課が経済産業省より情報処理サービス業情報システム安全対策実施事業所に認定される。
平成13年 7月30日
横浜工場でISO9001審査登録認証を取得する。
平成15年 9月25日
資本金を13億4,800万円に増資する。
平成16年 2月 6日
IPS習志野工場でISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を取得する。
平成16年 3月12日
平野工場でISMSの認証を取得する。
平成16年 8月18日
IPS事業部がプライバシーマーク付与審査に合格する。
平成17年 8月26日
東京本社・品川工場・横浜工場・習志野工場で森林認証(CoC認証)を取得する。
平成17年10月31日
資本金を16億9,812万5,640円に増資する。
平成18年 1月 4日
資本金を29億4,812万5,640円に増資する。
平成18年 3月 1日
東京本社・品川工場・横浜工場・習志野工場でKES・環境マネジメントシステム・スタンダード ステップ2の認証を取得する。
平成18年 3月23日
資本金を34億4,812万5,640円に増資する。
平成18年 6月16日
「平野IPS」を移転集約した「奈良工場」のISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)が変更審査を経て、引き続き認証登録された。
平成18年 8月21日
全社でプライバシーマーク付与審査に合格する。
平成18年10月 3日
大阪本社・芦原工場・奈良工場で森林認証(CoC認証)を取得する。
平成19年 2月 1日
大阪本社・芦原工場・奈良工場でKES・環境マネジメントシステム・スタンダード ステップ2を取得する。
平成23年10月 7日
奈良工場・習志野工場で環境マネジメントシステムISO14001の認証を取得する。
平成25年 4月 1日
株式会社ニューアイと合併し、相模湖工場並びに神奈川営業所を新たに設ける。